英語の発声

日本人は、声をのどで締める感じで発生している。

それに比べて、外国人は、のどの奥に声を落とす感じで話している。

 

日本人は、声を口先で作る感じだが、外国人は、口内の奥のほうで声を作る感じだ。

 

響き方が全然違う。

 

そして、英語の声は低い。

 

日本人は、のどを絞めて発声するが、外国人はのどを開いたまま発声するので

声が低く感じる。

 

外国人は息を多く使っている。

数字で表すと、4.5倍

 

感覚としては、丹田と喉に縦に1つのパイプが入ってるイメージで。

そして、胸に息をためるのではなく、下腹に息をためて、下に下に送る感じ。

 

そして、息を出すときは、soft panelに息を当てる感じ。

英語は、息を先に吐いて、その息に声を乗せるイメージ。

 

口やあごは完璧にニュートラルで力を入れてはいけない。