「伝え方の基本」

話し方、特に「伝え方」を極めるには、

この2つの基本を抑えておくのがポイントだ。

 

 

1つ目 正直に話す。

正直さに勝るものはない。

正直に話しておけば、後で他人に何を言われようが、

実際に起こったことなので、説得力があり、相手も攻めようがないのだ。

 

そして、人間は所詮、自分と相手と競争をしたい生き物だ。

喧嘩ごしで話しかけられたりすると、そいつに勝ってやろう。とか

弱音を炙り出してやろうとするのがオチだ。

 

そんなことはしなくていい。

 

さらに、それだけじゃない。正直に話すことはさらにいいことがある。

正直に現状の問題、悩みを話し、最善を尽くしていることを理解してもらえば、

相手と一緒に苦境を乗り越えることができるのだ。

 

2つ目 相手に自分との空間を楽しんでもらう。

まず、相手を徹底的に楽しませるのが、最終的に良い雰囲気を作る答えとなる。

 

その時に考えることは、

相手に自分自身が会話を楽しんでいることを相手に伝えれるかどうか。だ。

まずは、伝え方を磨くことが重要だ。

 

伝え方を磨くには、徹底的にアウトプットをすること。

バットを振る練習のように、日記でもブログでもいいからとにかく伝える練習をするのだ。

 

1つ、実際の現場で相手と話すときにこの3つの点に気をつけるといい。

これは、基本中の基本のマナーだ。

 

1、相手が話しているときは、視線を合わせる。

2、自分が質問するとき、視線を合わせる。

3、自分が話すときは、視線をそらしてもいい。

 

こう覚えるといい。

とにかく相手をどんなときも主役にするのだ。

 

相手が話しているとき、相手に質問するとき

相手の心にタッチするものはすべて視線をあわせるのだ。

 

こういう覚え方もある。

自分のことを話すとき意外は視線を合わせるのをルールにする。

 

とにかく、相手を主役にしてあげることを徹底することを覚えとけば良い。

聞かれたら話す程度でいいのだ。

 

聞くことに対して、アメリカのトーク王・ラリーキングはこう言っている。

毎朝、自分に
言い聞かせていることがある。

自分が話すことから、
自分が学ぶことは
何一つないことを。

学ぶためには、
絶対に相手の話を
聞かなければならないのだと。

だれと話すときも、相手は王様・大統領だと思い接する。
そして、ラリーキングの名言が言っているように、
自分が話すことからは自分が学ぶことは何一つないと自分に言い聞かせる。

これをするだけでもあなたは、昨日の自分より、伝え方、場の作り方がうまくなっているはずだ。